フラジールの使用方法と注意事項

フラジールは先発医薬品でメトノニダゾールという医薬成分によって構成される医薬品ですが、原虫が主原因となって起こる様々な症状に対して薬理作用を与えるという効果があり、主にトリコモナスや赤痢、細菌だとピロリ菌に対しての薬効もあります。
これらの細菌や原虫を組成する細胞に対して直接的に薬効を働くことができるというのがフラジールのメリットでもありますが、体に対して与える負担というのはかなり大きくなっており、正しい服用方法を守って服用しないと重たい副作用の発症を促してしまう可能性があります。

使用方法については一日に二回を基本とし、用量は一回につき約250mgなりますが、加齢と共に医薬品の代謝速度は衰えるのが普通で、一日に二回の服用であっても一回目に服用したフラジールの代謝が遅いことで体内に医薬成分が残留している状態で、次のフラジールを服用してしまう可能性があります。
その場合、自分では用法や用量を守って服用しているつもりでも体内ではフラジールの残薬濃度が高まることで副作用の症状を引き起こしやすい状態を作ってしまう可能性があります。

また、飲み物との併用によって代謝速度を速めることや遅くすることがありますが、清涼飲料水や乳飲料などで服用するのは厳禁で、必ず一定量の水でフラジールの服用を行う必要があります。
少しでもフラジールの服用で体に異変が現れた場合は病院で診察してもらい、服薬のスケジュールを見直すことも大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ