ファシジン・ハイシジンの使用方法と注意事項

女性に多く見られるトリコモナス症はトリコモナスという虫が原因となって起こる炎症の一種ですが、実際は女性だけでなく男性にも見られる症状です。
男性の場合は自覚症状が無い場合が多く、自分がトリコモナスに感染していると知らない状況のケースも少なくありませんが、これによって知らないうちにパートナーへ病気を感染させてしまうことがあります。
発症してしまうと性器にかゆみや痛みなどの症状が現れるようになるというのが特徴で、ファジシン・ハイシジンを服用することによって関連する虫を直接的に攻撃することで薬効を得ることができます。

使用の方法については一回に200mgを基本用量として一日に二回の服用を継続して約一週間となりますが、症状によっては200mgだと少ないこともあるのでこの場合は増量をして500mg程度の服用になることがあります。
ただし、一回当たりの服用量が増えるということはそれだけ副作用の発症リスクを高めるということに繋がるため、あらかじめ決められている用量を変える場合は必ず医師に相談をして適切な指示を受ける必要があります。

また、内服薬で直接的に原因となる虫を攻撃する作用がある一方で、体に対してかかる負担というのも大きくなり、他の医薬品を服用している場合は相互作用によって重たい副作用の症状が現れる可能性があります。
そのため、ファジシン・ハイシジンを服用する際は他の医薬品との禁忌がないかということをきちんと調べた上で服用を開始する必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ