ハイプレス25mgの基本説明

シプラ社が開発しているハイプレスは主成分をアテノロールとするテノーミンのジェネリック医薬品ですが、この医薬品には血圧が高くなった際に血圧を低下させる作用や狭心症、脈拍が不安定になる不整脈などに対して効用があります。

ハイプレスはアテノロールが持つ薬理作用が心臓のβ受容体に働きかけることで心臓の働きを抑制することによりますが、心臓の働きが抑制されることで心臓の負担が減り、大きな病気を予防することができます。
血圧は私たちの体内を流れている血液が血管を通る際に血管や血管壁に対してかける圧力のことですが、血圧が高いほど心臓から押し出される圧力が高いということになり、体に対してかける負担はそれだけ大きいということになります。

特徴としては選択的に心臓へ作用するということで、従来なら脳内の伝達物質などにも平行して作用し、心因性の副作用の症状などが発症することもあったのですが、心臓だけに作用する医薬品なので、起こる副作用も限られているという特徴があります。

日本での処方はそこまで多くないものの、海外では積極的に使用されている医薬品の一つで、先発医薬品よりも安く買えるというのも需要が多い理由の一つとして言えますが、正しく服用しないと得たい薬効を得ることができない可能性があります。

そのため、服用を検討している場合は自分の症状に適しているかどうかということを調べて、必ず決められている用法や用量に従って服用するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ