ハイプレス100mgの使用方法と注意事項

テノーミンは先発医薬品に分類され主成分をアテノロールとする医薬品ですが、これよりもさらに安価に購入することができるのがテノーミンのジェネリック医薬品になるハイプレス100mgですが、先発医薬品と同じ薬効が期待でき医薬品としての信頼性も高いので安全性についても問題ありません。

ただし、ハイプレスは通常だと一日に一回の服用において用量が50mgとなっていて、必要に応じて100mgまで少しずつ増やしていくというのが基本となっていますが、最初からいきなり100mgを服用すると体に対しての負担が大きい可能性があります。

そのため、いきなり一錠を服用するのではなくできれば錠剤をカットすることができるピルカッターなどを使用して半錠の使用からおすすめしますが、それが面倒だと感じるなら50mgタイプのハイプレスを購入して服用する方が手間ではないかもしれません。

ハイプレス100mgは経口薬なので気になるのは服用における副作用といったところだと思いますが、基本的にこの医薬品は心臓のβ受容体に対して直接的に作用を働きかけることで薬効を得るのが特徴なので、器官系や脳に副作用の症状が見られることは少なくなっています。

ただし、アテノロールそのものが体に対してかける負担というのは大きく、アテノロールが起因して発症する副作用の症状というのもあるので、ハイプレス100mgの服用をする場合は必ず用法や用量を守る必要があります。

また、効果が出ないで用法を変える場合は必ず医師に相談をして適切な用法や用量についての指示を受けるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ