テグレトールCR200mgの基本説明

カルバマゼピンを主成分とするテグレトールCR200mgにはてんかんや躁鬱病を改善する効用があり、他には神経の働きに起因して起こる病気の治療薬としても使用されることがあります。
テグレトールCR200mgは先発医薬品に分類され関連する後発医薬品もあるので、個人輸入などを通して安価なジェネリック医薬品も入手して服用するというケースもあります。

てんかんは脳内の物質や神経が作用して起こる病気のことで、突発的に発作の症状が出るというのが大きな特徴の病気となっていますが、テグレトールCR200mgには脳内への作用機序があり、これによっててんかんの症状を鎮めるという薬効を得ることができます。

また、躁鬱病に対しての治療薬として使用する場合も同じ薬理効果が期待されますが、躁鬱病というのはハイテンションとローテンションが繰り返される心因性疾患の一つです。
昔は心の病気として一般的に言われていたのですが、脳内の伝達物質などとの関わりが指摘されるようになってからは一概に心因性の疾患とは言えなくなってきました。

実際に脳内への作用機序があるテグレトールCR200mgを服用することによって躁鬱病の治療効果が見られたという時点で、躁鬱病に脳内との関わり合いがあることも分かりますが、薬効の程度は個人差があります。
テグレトールCR200mgをてんかんの治療薬や躁鬱病の治療薬として服用する場合は必ず決められた用法や用量を守って服用することが大切ですが、用法を守らずに服用すると副作用の症状が強く出る可能性があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ